2010年12月13日

tea time style 発刊しました

101213.jpg
新刊の紹介です。日本茶・中国茶インストラクター、紅茶コーディネーターなどの資格をお持ちで紅茶教室「cha-bliss」主宰の鈴木香代氏の著書です。
次のメッセージでこの本は始まります。

忙しい仕事の合間や慌しい家事を終えてのひととき、あるいは買い物で疲れてちょっとひとやすみ、時には友人と気ままなおしゃべり...お茶の時間はいつでも自由に作ることができます。
どんな時にも、どんなところでも、お茶があればそれは立派なティータイム。
そんなティータイムが、ちょっとしたコツとアイデアで、もっと素敵な時間になるのでは?と思い、さまざまな「tea time」を考えてみました。
お茶の種類や、そこに集う人、時間、季節などで、お茶の道具や淹れ方、たのしみ方は違ってきます。お茶に合わせた演出で、その時々のお茶空間をたのしんでみませんか?
「tea time style」は、お茶の時間そのもの、いろいろなたのしみ方をつづったものです。堅苦しいことは考えずに、ここから「ちょっとお茶する?」気分になっていただければ幸いです。(本文より)

様式は、B5変型判、タテ、ヨコ180mmの正方形の本で、本文80ページオールカラーです。定価は1800円+税です。
とても親しみやすい本です。見て、行ってこころ癒されます。
2010年12月 4日

小石川後楽園

ikeda10.jpg

小石川後楽園。後楽園の名称は、2代藩主光圀の時代に、北宋の笵仲淹の「其れ必ず天下の憂いに先だちて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」のいわゆる「先憂後楽」から引用されたものとのことです。庭園の国宝ともいうべき「特別史跡及び特別名勝」に指定されています。後楽園の築地塀の一部は江戸城外堀石垣を再利用しています。石に彫られている文字は、石垣を築いた大名の刻印です。山は備中(岡山県)成羽藩主山崎家。

二万坪の庭園を散策してみませんか。(↓画像をクリック!)

ikeda11.jpg